スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こっちのイケメンは甘いぞなもし? 

2011, 07. 19 (Tue) 23:34

7月19日 961プロにて。


黒井  「では聞かせてもらおうか。今回のジュピターの件について。
      そもそもなぜデビュー前のジュピターの存在を知っていたのか。」
P    「えーあー、そのぅ・・・前にも言いましたけど、実は既に
      彼らをプロデュースしたことがあって・・・ですね?」
黒井  「例のパラレルワールドがどうとかいう話、か。
      信じられるわけがないだろう。常識から考えて。」
P    「そうなんですけど・・・でも現に私は彼らのことを知っていましたよね。」
黒井  「そして彼らも、どことなく初めて会った気はしないようなニュアンスの
      接し方だった・・・もしどこかで偶然会ったことがあったとしても、
      3人揃ってそんなことを言うなんて、おかしな話だね。」
P    「私も何がどうなってるのかまったくわからないんです。
      こっちの世界だとその期間はハリウッド研修に
      行ってることになってたとかなってないとか・・・?」
黒井  「何だねそのしょうもない嘘は・・・。」
P    「いや、社長と音無さんは私が失踪(?)してたことを知ってて、
      事務所のみんなにはそういう風に取り繕ってくれたというか・・・。」
黒井  「高木と音無小鳥、か。 ふむ・・・・・・・・・。」
P    「それより、こちらのジュピターは何でデビュー前だったんですか?」
黒井  「本来は華々しくデビューさせてやる予定だったのだが、
      世間からのイメージ等、各種検討事項がクリアにならなくてね。
      デビューのタイミングをつかめずにいたところに、
      今回キミの持ち込んだイベント企画があったというわけだ。」
P    「グットタイミングでしたね! オレGJ!!」
黒井  「今回はたまたま利害が一致しただけだ、勘違いするな。
      まぁまたこちらにメリットがある話があれば持ってきたまえ。
      気が向いたら使ってやらないこともない。」
P    「あざっす!あ、イケメンズにもよろしく言っといてくださいぃ!」
黒井  「フン、今回の製作費用はそっちに請求まわすからな!」
P    「うわああああああああああ、すまねぇ律ぽぉおぉぉぉぉおぉ orz」


きらめく961プロで、また逢える。  ※ただしイケメンに限る


P.S.
あずささん誕生祭だってのに、イケメンのことばっかで
マジすんません orz

にしても、ホント、動画欲っていうかそういうのが
なくなって、すっからちんなんです今。
結構アニメとかラノベとかメディアに浸かってるような感じ今。
暑さとか仕事のせいで結構ダレてます。
次の一手まで結構時間かかるかもしれません。

あー うー orz
スポンサーサイト

パラダイムシフト? いいえRest@rt!らしいです? 

2011, 02. 23 (Wed) 11:10

2月23日 事務所からはちょっと遠いらぁめん屋にて


P    「うーむ、、、元(?)の世界(?)に帰ってきて早2ヶ月・・・。
     結局帰ってきてから、あまり活動できてないのが現状。
     原因は、その、アレだ。 ここが元(?)の世界(?)じゃない可能性というか
     何か前とは違うんだなこれが・・・微妙に。
     みんなの記憶にオレの存在はちゃんとあって、
     もちろん、オレ自身の記憶も同じで・・・なんだけど!

     なんかみんなこう・・・髪型変えちゃってたり・・・とか。
     律ちゃんがプロデューサーに就任してたり・・・とか。
     亜美真美の身長が伸びてたりとか・・・とか。

     ・・・全体的になんかこう、大人びたというか・・・。

     いやね、髪型くらい変わるだろうし、異動(というのか?)だってあるだろうし、
     身長だって伸びるだろう。

     ・・・でも・・・でもね?
     ゆきぽ・・・なんか・・・変わってね・・・??

     うわああああああああああああ!!?!!

響   「あーもう!うっさいな!!独り言は外でやってよっ!」
P    「ぬぉお響っ! この繊細な悩みがわからないのかっ!
     何とか言ってやってよ貴音ちゃんっ!!」
貴音  「このらぁめん、面妖なくらい背油が浮いてますけど・・・おいしいです。
     今日は誘っていただき、ありがとうございました。」
P    「面妖なのはこの世界(?)だあぁあぁぁぁぁぁぁぁ!!?」


数分後


響   「プロデューサーがアホみたいに騒ぐから店追い出されちゃったじゃないか!」
P    「くそう、誰もオレのナイーブなトコロに触れてくれないんだね、トホホ orz」
響   「あーもう! 人間生きてれば多少の声変わりくらいあると思うぞ!
     自分はあまり変わったとは思ってないけども・・・そもそもそんな小さいことでgdgd言うな!」
貴音  「私もとくに変わったようには感じませんが、まぁ暫く会っていなかったのですから、
     そのように感じることもあるのではないかと。 何なら直接聞いてみては?」
P    「そ、それは・・・まぁ・・・怖いからいいや。何にせよ、このよくわからない状況を打破するまで、
     サポートよろしく頼むよ、2人共。」
響   「でもなんで自分ら2人なんだ?」
P    「や、キミらはオレの知ってる2人とまったく同じ・・・みたいだしさ。」
響   「ふーん。 よくわからないけど、できることは協力するぞ。」
貴音  「そうですね、先ほどのらぁめん分は協力させていただきます。」
P    「よろしく頼むよ。 あーそういえば、みんな大人びた感じがする中で、
     やよちゃんが貴重な存在だってことに改めて気づかされたというか何と言うか。」
響   「やよいはかわいいけど、貴重って何?」
P    「なんというか幼さというかロリっていうか・・・そういう需要のこと!バランスも大切っ!!
     とはいえ、年齢的にはみんな若いしなぁ。 響はまだ15だっけ? 若いよなぁ。」
響   「ん? 自分16だぞ?」
P    「あれっ? そうだっけ? 貴音ちゃんは17だよね?」
貴音  「私は18歳です。年齢は色々と問題になりますので間違えないようお願いします。。。」
P    「・・・・・・そうだっけか。 すまんすまん。 ははっw
     (まさかの落とし穴・・・えらい事になった orz)」

きらめく舞台はさらなる深みへ・・・ orz

また 新しい 今日に 

2010, 12. 24 (Fri) 18:50

12月24日 961プロ ライブ会場にて。


P   「さて・・・リハも終わって後は本番を待つばかりだな。」
冬馬 「・・・・・・おい。」
P   「ん? どうした、緊張とか?穴掘って埋まると落ち着くらしいぞぅ。」
冬馬 「今日、ライブの他に何か予定あったのか?」
P   「おいおい、クリスマスとはいえ仕事サボるわけにいかないだろ。
    つうかクリスマス爆発しろ? 的な回答が欲しいのかコンチクショウ。
    イケメン爆発しろっ! しろったらしろっ!! 涙」
冬馬 「・・・・・・何があるのかは知らねーけど、大切な用事なら
    早く済ませたほうがいいんじゃねーかと思って。」
P   「・・・今のオレはイケメンズのPだぜ? このライブ以外に大切な用事なんて・・・。」
冬馬 「・・・・・・ゆきぽ(ボソリ」
P   「はわっ!!?」
冬馬 「寝オチしたときに叫んでたぜ。うすうす感じてはいたが、
    そいつは俺達より以前に担当してたアイドルなんじゃねーのか?」
P   「えっ? いや、その・・・なんというか・・・・・・ははっ(笑)」
冬馬 「んで、今日はそいつ絡みの何かがある。」
翔太 「っていう仮説なんだけどね。」
北斗 「(ニヤリ」
P   「おまいら・・・。」
冬馬 「とにかく、俺達にバレバレなくらい、最近のあんたの行動は
    不審な点が多かった。まずはそれ反省しろ。」
P   「め、めんご・・・ orz」
冬馬 「で、そんな状態で居られても迷惑だから、さっさとその用事を済ませてこい。」
P   「・・・は? だってこれからライブだし無理・・・」
冬馬 「そして必ず帰って来い。」
P   「・・・え・・・あ・・・う・・・??」
冬馬 「まぁ実際にステージに出るのは俺達だけだし、あんたはもう用済みだから、
    クリスマスを大いに満喫したらいいよっていうアレだ。はよいけ。」
P   「なん・・・だと・・・?」
翔太 「まぁ、ライブがどうにかなる前に帰ってくればいいんじゃない?
北斗 「(ニヤリ」
P   「くっ・・・でも確かにそのとおりだぜ。 じゃあ超特急で予定を済ませて
     帰ってくっからな!まってろよっ!!!」


北斗 「行かせちゃってよかったの?」
翔太 「多分もう帰ってこないと思うよあの調子じゃ・・・苦笑」
冬馬 「そうだな・・・帰ってこないかもしれないな・・・。
    (とりあえず台本通り伝えたぜ、社長。)
    ま、あとは俺達だけでなんとかやろうぜ。」
翔太 「えぇ、そんなノリでいいの・・・まぁ今はとにかくライブだよね。」
北斗 「・・・この業界にいればまたどこかで・・・ね。
    さ、お仕事済ませて、素敵なサイレン☆ナーイを!ってね!!」
3人 「サイレン☆ナーイ!!



また 此処に 帰れるように。

偶像受け入れ態勢  

2010, 10. 29 (Fri) 16:30

10月29日 昼時の961プロ事務所にて。


P    「(ぬぅ・・・みんなに電話して今の状況を聞いてみたかったんだけど、
      携帯のメモリーに765プロ関連の電話番号が入ってねぇ・・・ orz

      何なんだろうこれ、今までのオレの記憶が間違ってるのか?
      いいや、オレは間違いなくゆきぽのP・・・ 3バカトリオみたいな
      イケメンユニットのPではないはずだ。そこは間違いない。

      とりあえず、765プロのHPをチェックしてみたら、所属アイドル紹介に
      みんなの姿があるので、直接みんなに会って聞いてみるかなぁ。
      あー、でもオレの持ち物の中に、765プロに関するアレコレが
      まったく見当たらないので、もしかするとみんなの記憶から、
      オレの存在が消えてしまってるとかそういう流れなんじゃないのかな・・・。
      ぬぅ・・・言ってしまえばこれは平行世界パラレルワールドとかの類・・・。
      理由はわからないけど、いつもの設定っていうか環境で動けない以上、
      とりあえずそう過程しておくしかないな・・・。

      ん? ということは、このままさっきの3人のPになったら、
      いずれゆきぽや765プロのみんなと競い合うってことになるんじゃないのか?

      ・・・・・・つまり、ゆきぽの、、、、、、、、、?)」


  ・・・・・・ 嘘の時を刻む ,,




夕時の961プロ事務所にて。


P    「(半日考えてみたが・・・ とりあえず、状況はよくわからないけど、
      与えられたことをまずはやろう。 イケメンユニットとはいえ、
      アイドルには違いないし、今までやってきた経験を生かすことだって
      できるだろう。 てゆうか、あいつらあのままじゃちょっとアレだしな。
      ならオレ流の、オレらしいやり方であいつらとトップ目指してみよう。
      人、環境は違えど、やることは変わらないはず。
      最高の選曲であいつらの想いに答えよう!

      ・・・・・・それと、もしかするとその過程で、
      ゆきぽに敵と認識されてしまうかもしれないんだけど・・・・・・
      まぁそれはそれでいい。この世界ではオレはゆきぽのPではないし、
      オレの記憶にあるような関係でもないんだ。
      が、Pでない以上、Pであるがゆえに近づくことのできなかった部分に
      もしかすると近づけるかもしれない。可能性はゼロじゃない。
      立場は違えど、同じ場所を目指してるのだから。
      なら、ゆきぽに届くように、、、全力でぶつかるのみッ!!)

      オレは負けないよ、ゆきぽッ!!!!! 

      (おお、ちょっと楽しくなってきたようなw
      っしゃ! 全力で撮影すらべし!!!www)」


  ・・・・・・ 声の届かない迷路を超えて 手を伸ばせたら ,,

木星のP 

2010, 10. 29 (Fri) 16:20

10月29日 961プロ 会議室にて。


P    「・・・・・・!!? はわっ!?! 今何時!!!?」
黒井  「イキナリ大声出してどうしたのかね?(怒)」
P    「えっ・・・あ!? 黒井社長? どうしてここに・・・
      というかここは・・・あれっ? ここは??」
黒井  「気でも狂ったのか? 今は新生961プロの大切な会議中だというのに。」
P    「新生961プロ・・・?」
黒井  「どこまでとぼける気なのか知らんが、少しは空気を読みたまえよ。」
翔太  「だから言ったんだよ、プロデューサーなんて必要ないって~w」
冬馬  「必要なのは個々の実力のみ。自分のことは自分で決めるんだよ。」
北斗  「まあまあ、一応社長が呼んだゲストだし、丁重に扱おうよ。」
P    「(なんなのこのガラ悪そうな3人組・・・? というか、なんでオレが
      また961プロにいるんだ? 確かいつものように、
      次の日の仕事の準備して布団に入ったはずなんだが・・・?)」
黒井  「確かにこの961プロのアイドルは、一人で勝ちあがっていく
      実力者のみを必要としている。 ・・・が、一応キミたち3人で
      ユニットを組んでやっていく以上、一応まとめ役的な存在が
      いたほうがいいと思ってね。それぞれの実力は認めるが、
      それゆえに個性派ばかりが揃ってしまったようだからな。」
冬馬  「・・・まぁ俺たちの邪魔さえしなければそれでいい。」
黒井  「というわけだから、後はキミたちで話し合って、
      デビュー曲を決めてくれたまえ。じゃ私は忙しいので失礼するよ。」


P    「(えっ、ちょっ・・・あれっ? オレゆきぽのPだし無理くね???)
      えっと、あのぅ、多分これって何かの間違いっていうかそのぅ・・・。」
冬馬  「ハッ、どんな曲だろうと完璧にこなすだけだ。おいお前、とりあえず
      社長からの推薦だし、曲のほう早めに決めてくれ。」
翔太  「じゃあ一応お願いしますね、プロデューサーさん。
      とりあえず僕らの実力なら大抵のパフォーマンスはできると思うし、
      そっちのイメージで決めてくれていいよ。」
北斗  「そうそう、”ジュピター”っていうユニット名だけ、
      一部に公開してしまってるみたいなので、それは変えられないから注意ね。」
P    「・・・は、はぁ、どうも。」


  ・・・・・・ 街は歪んだLabyrinth ,,
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。