スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美女と野獣を表現することで発生する”デレ” 

2008, 05. 14 (Wed) 19:50

5月14日、たろうP事務所にて。


P   「ぬぅ・・・今まで放置していたが、ギアスは結構面白いんだな。。。」
伊織 「ちょっと何のんきにDVDばかりみてるのよ!」
P   「あ、伊織ちゃん。何か用?」
伊織 「先日の動画の件で文句を言いにきたのよ!
     あの動画、ちっとも伸びないじゃない!!」
P   「まぁ、伊織ちゃん、そんなにデレないで・・・ささ、コーヒーでもドゾー。」
伊織 「で、デレてないわよ! てかココアにしなさいよね!
     って、ブラック!!?! 砂糖とミルクくらい出しなさいよね!!!」
P   「んで、何?」
伊織 「あぁ・・・その・・・前回の動画”大きなあなた小さなわたし”が
     伸びない件についてよ!! この伊織ちゃんが出演してるっていうのに
     これはもう、あんたのプロデュース能力が低いとしか言いようがないわ!!」
P   「そりゃ底辺だからなぁ。」
伊織 「そんなあっさり認めないでよね!!」
P   「まいったな・・・そんなにデレられても何もでないよ?」
伊織 「デレてないッ!!!」
P   「そうだな・・・せっかくなので回答しようか。」
伊織 「そうよ、最初からそうすればいいのよ。」
P   「”この曲は実際のPVも面白かったな” というコメが
     入っていたことは知ってるかな?」
伊織 「え? えぇ、5/10 AM2:28あたりに・・・?」
P   「いや、タイムスタンプは覚えてないけど・・・まぁ、とにかく、このコメようなコメを
     頂くことがオレの全てと言っても過言ではない。」
伊織 「・・・? なんで?」
P   「よく言ってるけど、オレは選曲に釣られる人なんだ。なので自作動画でも、
     まずその選曲へのツッコミとか感想とかをコメしてもらえることが第一なのね。」
伊織 「ふーん。」
P   「だから各動画で選曲に対するコメが入った時点で満足なわけ。」
伊織 「へー。良かれ悪かれリアクションがほしいと?」
P   「いや、ノーコメントでもいいんだよ。ヒットした時点で
     何かしらの理由があるわけだから、コメはコメってことで。」
伊織 「そんなものかしら・・・?」
P   「んで、オレ的にはこのコメは裏の意図としてもっと曲を生かせたのではないか?
     というツッコミにも思えるんだよね。」
伊織 「いや、それは考えすぎでは?w」
P   「確かにこの曲はPVが美女と野獣チックな雰囲気で作られていて、
     なぜか某音楽番組のエンディングに使われていて印象的だったんだけど、
     実は美女と野獣の部分は若干意識してるんだよ。」
伊織 「え・・・?」
P   「ほら、ねこセットと悪魔のしっぽの組み合わせだったでしょ?」
伊織 「・・・あぁそういえば・・・。」
P   「だから・・・ね?」
伊織 「はわ・・・ア、アンタどうせならもうちょっと堂々とやりなさいよね!!」
P   「スマソ。スマソ。」
伊織 「・・・でもまぁアンタの頭の中が少しだけわかった気がするわ。」
P   「そかそか。」
伊織 「つ・・・次はもっと・・・伸びる動画作りなさい・・・よねっ!!!」
P   「はは、デレんなってw」
伊織 「おま!!??!?!?!」



少しPとの距離が縮まった伊織ちゃんでした。
伊織 「↑冗談も程ほどにしなさいよねっ!!!!!」



伊織ちゃんの誕生祭動画

(最近アカウントを持ってないから見れないとツッコミを頂いたので
テスト的な意味で貼り付けてみたよ・・・orz)



P.S.
あと構想自体はもうちょっとPVちっくな面白いものがあったのですが、
1日制作を趣旨としていたので、現状の制作速度では無理だったと
言い訳じみたことを真美ちゃんに愚痴っていたようですぅ。

証言:真美
聞き込み:ゆきぽ刑事☆
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。