スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠れない昼、この身を苛む煩悩・・・ でも紹介させてくださぃぃ★ 

2008, 05. 26 (Mon) 13:25

むぅ、暑くて眠れんな・・・ 動画紹介とかやるか。


みたいなノリでスタートした本日のご紹介のコーナーですぅ。。。



じろうP


伊織ちゃん動画シリーズのP様です。。。
シリーズはその3まで見たことあります。
私は伊織ちゃんスキーではないですが、内容がとっても面白いですw
ツンデレーな伊織ちゃん全開!
でも、かっかとやよいがかわゆいです。すんません穴掘って埋まります。

んで、本作でははじめP名ついてなかったので・・・
「なんという新人さんだっ!!!」とか思って紹介しようと思っていたら、
まさかの超有名P様なんて。。。
内容はキャラ崩壊系のコネタ満載ですごく楽しめましたw
やっつけでここまでのクオリティとは・・・素ですげーなと思います。

そして以前、自作動画のどれかで「じろうPとの関係について」という
コメがありましたが・・・まったく関係ねーよwww
まったくどこのどいつだそんな面白いコメ入れたのはwww

ともあれセンス溢れる、素晴らしいコネタ集でした ☆ミ



遊太郎P




これ、ちょっと流行ってほしくね??
初めてみるP様ですが、テラ虜になりましたwww

多分コレは技術ではなくセンスだと思う。
真くんが踏まれたり、亜美真美が交差するところに
自主規制かかってたりしてたけど、
個人的には、隠すより面白かったwww これでおkwwww

シリーズ化マジ希望!!!

(ん? もしかしてL4U総合ランキング2位の人か・・・?
ランキングの映像がモロに真動画の春香と雪歩なんだが!?
まさかまさか・・・ドキ★ドキ☆ドキ  5/26現在)



さくらんぽ。P


当ブログではまったく説明不要のテラひいき目P様です。
尚、勝手に紹介しているだけなので特にツッコまれるようなことはありませんw

本作はリメイクのようですね。
前作は5分越えだったので途中で戻るボタンを押した気がします。
ファン失格ですね、私。
が、今回はとりあえず最後まで見ましたが・・・高ちゃんて・・・

なんでおまいは毎回社長を使うんだ?wwww

そのセンスが好きすぎる。
更にDo-daiの振り付けを強引に使う様が・・・素敵だッwww

んでもちょっとわからなかったのが、アクセがなくなったりするところ・・・
何か意図があるのだろうか・・・? それとも私のように撮影中気がつかなくて
そのままでいいや、みたいなノリなのだろうか・・・?
だとしたら勇者すぐるwww

ともあれ、初心者は真ん中の社長が出てくるところまで、
中級者以上は最後の入場料ネタまで見ましょうね。。。



というわけで、5月病も治りかけが肝心な今日この頃に
頑張るP様たちをご紹介しました。。。

他のみんなは24hアイマスTVで忙しいんだろうよ・・・。
オレだってネタがあったら・・・すまねぇゆきぽぉ orz


ではまた☆
スポンサーサイト

記念イベント☆1万HITだよゆきぽ 

2008, 05. 26 (Mon) 03:37

5月25日、たろうP事務所にて。



「こっちだよ」動画1万HIT達成記念ということで、
みんなでちょっとしたお祝いをしました。



*後半に本編ゆきぽっぽENDのネタバレが若干含まれていますので注意!*



小鳥  「でわでわw これからのたろうP事務所の発展を願って・・・乾杯!!」
全員  「カンパーイ♪」
P    「ぬぅぅ・・・よかった・・・ニコマスPになってよかったっ・・・ 涙」
律子  「オーバーなw まぁでもよかったですね、動画の内容はどうであれw」
P    「くっ、いきなりキツイことを・・・。」
伊織  「まったく、そもそもあの動画、ネーミングセンス最悪よね!
      もうちょっとましなタイトル考えなさいよ!」
P    「あぁ・・・実はあれは直前で変更したんだよ・・・。」
伊織  「えっ、そうなの??」
P    「最初は ”雪歩に嫌われている可能性が否定できない
      というタイトルだったようです。」
2人   「ねーよ orz」
P    「ま、まぁ結局直前で変更したんだからいいじゃない、ね。」
小鳥  「それにしても長かったですね・・・ここまでくるのは。」
P    「そうっすね・・・半年以上かかりましたし・・・。」
小鳥  「よその事務所ではデビュー作で1万越えなP様がゴロゴロしてて、
      そんな中よく前向きにやってこられましたねw」
P    「わ、わらいごとじゃないっすよソレハ。。。 まぁゆきぽがいたからですかね。」
全員  「ひいき目自重!!
P    「はわわ、助けてゆきっぽぉぉぉっ!?」
ゆきぽ 「はわっ、このから揚げおいしいですぅ!!」
P    「なにっ、あぶらっこいものは積極的にこっちまわせって言っただろっ!!!
      こっちだよゆきぽっ!!!
春香  「ちょ、シンクロwww」
P    「あぁ、はるかっか、久しぶり。 つかツッコミかボケかはっきりしてくださいね。」
春香  「プロデューサーもいい加減私の動画作ってくださいね。」
P    「およよy」
春香  「なんてねw とりあえず今日はゆっくり飲んで食べて騒いでくださいねw」
P    「だからツッコミかボケかはっきり・・・」
亜美  「おぉ、飲んでるかにーちゃん!!!」
P    「ぬぉ、鬼とかちッ!おのれ何しに来たっ!!」
真美  「プロデューサー、亜美ちゃんも本当は祝いたいだけなんだよ。
      わかってあげてね。。。」
亜美  「まみーゴ!余計なことを言うなっ! それはそうと、誕生祭動画では
      世話になったな・・・よくもまぁあんな紳士的動画を・・・。」
P    「いやね、あれはニコマス界では忙しいとかちさんの為を思ってね。」
亜美  「こっちはお前が仕事振らんから暇でしょうがないんじゃあ!!!」
P    「すんません、すんません orz」
あずさ 「あらあら、暇なのはお互い様よぉw」
美希  「テキトーでいいよ、あふぅ。。。」
亜美  「・・・まぁ、あんたらに比べればわしらのほうがましか。」
真美  「ちょ、言いすぎだよw」
あずさ 「でもどうなんですか?次のネタとか?」
P    「あー、いくつかあるよ。先日、からっぽになってから、補充したので。」
美希  「補充?」
P    「まぁ、詳しいことは次回にでもお話しますねってことで。」
あずさ 「実は考えてないとかw」
P    「あったり~☆」
美希  「アフーッ!!!」
P    「ぐはっ、初めて美希にドつかれたっ!!! じょ、じょうだんだよ、考えてるよ orz」
美希  「余計なことは言わないで星井の。」
小鳥  「(だめよ、つっこんだら負けよ・・・がんばれ私っ!)」
千早  「相変わらず、バカですね。」
やよい 「うぅ~、今日は素直にオメデトウといってあげたほうがいいと思います~。」
P    「や、やよいにフォローされるオレっていったい orz」
真    「というかプロデューサー、失敗かってなんすか!失敗かって!!!」
P    「うわぁ、マコトきゅん!? いや別に演技じゃよ演技w」
真    「こんの変態大人ッ!!!」
P    「いや、この場合ちょっと違くないか? というかやよぺたーずは仲がいいなぁ。」
千早  「まぁ仕事でよく一緒になるし。いい加減、ユニット名にも慣れたしね。」
やよい 「ぺたぺたとか、かあいいですぅ☆」
真    「ちょ、やよい、そこ怒るところだからwww」
P    「まぁ、そのぺたぺたが活躍するネタも1本あったりするから安心してね。」
2人   「ぺたじゃねーだろおめー。」
P    「まぁまぁ・・・ん、ちょっ、オレのから揚げがなくなってるぅぅぅぅぅっ!!?!」
ゆきぽ 「アッー・・・ すみません、おいしくて全部食べちゃいましたぁw」
P    「ぽぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!?!?」


その騒動はオードブルと酒が尽きるまで続いたと言う。 (←当たり前。


そして解散。





P    「毎度のことだが、どうも飲むと食べるより話すことに集中してしまうな。
      元取るくらい食わないとダメだぞ、オレ。」
ゆきぽ 「あ、あの、プロデューサー・・・。」
P     「お、ゆきっぽ。  ・・・ってなんでこんなところに?」
ゆきぽ 「あ、あの、えっと・・・さっきはから揚げ食べちゃってごめんなさいですぅ。」
P     「いや別にいいんだよ、みんなのお祝いだったんだし。」
ゆきぽ 「お祝いと言えばあの動画・・・こんなに伸びるなんて・・・
      ちょっと自信つきました! (ネタ系的な意味で。)」
P    「そうか。一応確認しておくけど・・・・・・
      明日からも、アイドル続けられる? (ネタ系的な意味で。)」
ゆきぽ 「もちろんです! もう、なにもこわくありません。
      強くなった私はどんな歌だって歌えるし、それに・・・・・・
      これまでなら、絶対に言えなかったようなことだって・・・・・・
      口に出して、言えます。」

P    「ん? 絶対に、言えなかったことって?」

わ、わ、私・・・・・・

ゆきぽ 「プロデューサー、わ、わ、私・・・・・・こんなこと言うの、生まれて、はじめてです。
      動画をうpした直後以上にどきどきしてます。 け、けど・・・・・・言います!」
P    「う、うん・・・・・・」
ゆきぽ 「私、今日まで、一生懸命がんばってきました。 だから・・・・・・
      1万HITの”ごほうび”、プロデューサーから、もらいたいんですっ」
P    「!!?!」

意味、わかってもらえましたか?

ゆきぽ 「あぅ、い、言っちゃいました・・・・・・。 意味、わかってもらえましたか?」
P    「ああ、多分・・・・・・」
ゆきぽ 「本当ですか? それじゃあ・・・・・・」
P    「よし、ゆきぽ・・・・・・」










1.手、つなごうか?
2.こっちへ、おいで
3.なにが欲しいか、言ってごらん














4.次のDLC、何がいい?











P     「うしポーチィィィィィィィッ!!!!
ゆきぽ 「はわっ!!?!」



P    「アッー、す、すまん取り乱してしまったようだ・・・ 酒が効いてるのかなぁ orz
      とにかく今日は帰るわ。おやすみゆきぽ。」
ゆきぽ 「お、おやすみなさい。 これからも・・・・・・」
P    「ん?」

ついていきますから

ゆきぽ 「私のこと・・・よろしくお願いしますね。 ずっと、ついていきますから。。。」
P    「お、おうよ! じゃ、じゃあな ノシ」



と、そそくさと帰るPを横目に、今日のから揚げおいしかったから
また買ってくださいね、とおねだりする作戦は失敗に終わったと
少し残念そうなゆきっぽであった。



次回、動画解析編に続く・・・らしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。