小鳥さんのまっすぐ♪ ~カラーひよこは文化遺産也~ 

2008, 09. 10 (Wed) 13:30

9月9日(の次の日)、小鳥さん誕生祭(遅刻組)会場にて。



社長 「小鳥君、誕生日おめでとう(1日遅れだがorz)。 ということで、
     せっかくの誕生祭なので、ステージで歌ってくれないかな?」
小鳥 「すみません社長・・・ いつか自分を好きになれる時までそれは・・・。」
社長 「ううむ・・・ でも本当は歌いたいんじゃないのかね?」
小鳥 「うぅ・・・ でもいきなりステージは無理ですよぉ orz」
社長 「そうか・・・ならばこうしよう! おーい、そこのプロデューサー君~!」
P   「・・・なんすか?」
社長 「これこれこういうわけで・・・チョメチョメ・・・なのだよw」
P   「わっかりましたw 早速スタンバイさせますねwww」
社長 「というわけで小鳥君、今からステージ裏で歌ってくれないか!」
小鳥 「? ・・・いいですけど、なんでステージ裏なんかで?」
社長 「いいのだよ、キミはその華麗なる歌声を私に聞かせてくれるだけで
     よいのだから・・・フフ。。。」
小鳥 「・・・まぁいいですけど・・・?」





小鳥 「・・・ふぅ、きちんと音とれてたかしら・・・?
     ん? 何か外が騒がしいような・・・?」
歩鳥 「小鳥さぁーん! 最高の歌声でしたぁー!!!」
小鳥 「えっ、雪歩ちゃん!?なんなのそのアタマは!!?!」
社長 「最高だったよ、小鳥くん・・・ 大勢のファンもまさかこんな企画があるとは
     夢にも思わなかったようだなw 大成功だwww」
小鳥 「えっ・・・ それはどういう?」
P   「つまるところ、音声だけ拾って会場に流していたんだよ。
     影武者ゆきぽを躍らせてねw」
小鳥 「えええっ!!!? じゃあ私の歌が!!?! ああああああああああ!?!」
歩鳥 「はわっ、小鳥さーん、まってくださぃぃぃ!?」

社長 「・・・復帰の日は近いなw」
P   「そうっすねw」


カラーひよこ文化は終わらない・・・。

つうか、小鳥さんがステージに立つ日は必ずやってくるんだッ!!

そして遅刻してしまったが、小鳥さんを祝う気持ちは変らないZE!

ということで、誕生日おめでとう、小鳥さんッ!!!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント