スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記念イベント☆1万HITだよゆきぽ 

2008, 05. 26 (Mon) 03:37

5月25日、たろうP事務所にて。



「こっちだよ」動画1万HIT達成記念ということで、
みんなでちょっとしたお祝いをしました。



*後半に本編ゆきぽっぽENDのネタバレが若干含まれていますので注意!*



小鳥  「でわでわw これからのたろうP事務所の発展を願って・・・乾杯!!」
全員  「カンパーイ♪」
P    「ぬぅぅ・・・よかった・・・ニコマスPになってよかったっ・・・ 涙」
律子  「オーバーなw まぁでもよかったですね、動画の内容はどうであれw」
P    「くっ、いきなりキツイことを・・・。」
伊織  「まったく、そもそもあの動画、ネーミングセンス最悪よね!
      もうちょっとましなタイトル考えなさいよ!」
P    「あぁ・・・実はあれは直前で変更したんだよ・・・。」
伊織  「えっ、そうなの??」
P    「最初は ”雪歩に嫌われている可能性が否定できない
      というタイトルだったようです。」
2人   「ねーよ orz」
P    「ま、まぁ結局直前で変更したんだからいいじゃない、ね。」
小鳥  「それにしても長かったですね・・・ここまでくるのは。」
P    「そうっすね・・・半年以上かかりましたし・・・。」
小鳥  「よその事務所ではデビュー作で1万越えなP様がゴロゴロしてて、
      そんな中よく前向きにやってこられましたねw」
P    「わ、わらいごとじゃないっすよソレハ。。。 まぁゆきぽがいたからですかね。」
全員  「ひいき目自重!!
P    「はわわ、助けてゆきっぽぉぉぉっ!?」
ゆきぽ 「はわっ、このから揚げおいしいですぅ!!」
P    「なにっ、あぶらっこいものは積極的にこっちまわせって言っただろっ!!!
      こっちだよゆきぽっ!!!
春香  「ちょ、シンクロwww」
P    「あぁ、はるかっか、久しぶり。 つかツッコミかボケかはっきりしてくださいね。」
春香  「プロデューサーもいい加減私の動画作ってくださいね。」
P    「およよy」
春香  「なんてねw とりあえず今日はゆっくり飲んで食べて騒いでくださいねw」
P    「だからツッコミかボケかはっきり・・・」
亜美  「おぉ、飲んでるかにーちゃん!!!」
P    「ぬぉ、鬼とかちッ!おのれ何しに来たっ!!」
真美  「プロデューサー、亜美ちゃんも本当は祝いたいだけなんだよ。
      わかってあげてね。。。」
亜美  「まみーゴ!余計なことを言うなっ! それはそうと、誕生祭動画では
      世話になったな・・・よくもまぁあんな紳士的動画を・・・。」
P    「いやね、あれはニコマス界では忙しいとかちさんの為を思ってね。」
亜美  「こっちはお前が仕事振らんから暇でしょうがないんじゃあ!!!」
P    「すんません、すんません orz」
あずさ 「あらあら、暇なのはお互い様よぉw」
美希  「テキトーでいいよ、あふぅ。。。」
亜美  「・・・まぁ、あんたらに比べればわしらのほうがましか。」
真美  「ちょ、言いすぎだよw」
あずさ 「でもどうなんですか?次のネタとか?」
P    「あー、いくつかあるよ。先日、からっぽになってから、補充したので。」
美希  「補充?」
P    「まぁ、詳しいことは次回にでもお話しますねってことで。」
あずさ 「実は考えてないとかw」
P    「あったり~☆」
美希  「アフーッ!!!」
P    「ぐはっ、初めて美希にドつかれたっ!!! じょ、じょうだんだよ、考えてるよ orz」
美希  「余計なことは言わないで星井の。」
小鳥  「(だめよ、つっこんだら負けよ・・・がんばれ私っ!)」
千早  「相変わらず、バカですね。」
やよい 「うぅ~、今日は素直にオメデトウといってあげたほうがいいと思います~。」
P    「や、やよいにフォローされるオレっていったい orz」
真    「というかプロデューサー、失敗かってなんすか!失敗かって!!!」
P    「うわぁ、マコトきゅん!? いや別に演技じゃよ演技w」
真    「こんの変態大人ッ!!!」
P    「いや、この場合ちょっと違くないか? というかやよぺたーずは仲がいいなぁ。」
千早  「まぁ仕事でよく一緒になるし。いい加減、ユニット名にも慣れたしね。」
やよい 「ぺたぺたとか、かあいいですぅ☆」
真    「ちょ、やよい、そこ怒るところだからwww」
P    「まぁ、そのぺたぺたが活躍するネタも1本あったりするから安心してね。」
2人   「ぺたじゃねーだろおめー。」
P    「まぁまぁ・・・ん、ちょっ、オレのから揚げがなくなってるぅぅぅぅぅっ!!?!」
ゆきぽ 「アッー・・・ すみません、おいしくて全部食べちゃいましたぁw」
P    「ぽぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!?!?」


その騒動はオードブルと酒が尽きるまで続いたと言う。 (←当たり前。


そして解散。





P    「毎度のことだが、どうも飲むと食べるより話すことに集中してしまうな。
      元取るくらい食わないとダメだぞ、オレ。」
ゆきぽ 「あ、あの、プロデューサー・・・。」
P     「お、ゆきっぽ。  ・・・ってなんでこんなところに?」
ゆきぽ 「あ、あの、えっと・・・さっきはから揚げ食べちゃってごめんなさいですぅ。」
P     「いや別にいいんだよ、みんなのお祝いだったんだし。」
ゆきぽ 「お祝いと言えばあの動画・・・こんなに伸びるなんて・・・
      ちょっと自信つきました! (ネタ系的な意味で。)」
P    「そうか。一応確認しておくけど・・・・・・
      明日からも、アイドル続けられる? (ネタ系的な意味で。)」
ゆきぽ 「もちろんです! もう、なにもこわくありません。
      強くなった私はどんな歌だって歌えるし、それに・・・・・・
      これまでなら、絶対に言えなかったようなことだって・・・・・・
      口に出して、言えます。」

P    「ん? 絶対に、言えなかったことって?」

わ、わ、私・・・・・・

ゆきぽ 「プロデューサー、わ、わ、私・・・・・・こんなこと言うの、生まれて、はじめてです。
      動画をうpした直後以上にどきどきしてます。 け、けど・・・・・・言います!」
P    「う、うん・・・・・・」
ゆきぽ 「私、今日まで、一生懸命がんばってきました。 だから・・・・・・
      1万HITの”ごほうび”、プロデューサーから、もらいたいんですっ」
P    「!!?!」

意味、わかってもらえましたか?

ゆきぽ 「あぅ、い、言っちゃいました・・・・・・。 意味、わかってもらえましたか?」
P    「ああ、多分・・・・・・」
ゆきぽ 「本当ですか? それじゃあ・・・・・・」
P    「よし、ゆきぽ・・・・・・」










1.手、つなごうか?
2.こっちへ、おいで
3.なにが欲しいか、言ってごらん














4.次のDLC、何がいい?











P     「うしポーチィィィィィィィッ!!!!
ゆきぽ 「はわっ!!?!」



P    「アッー、す、すまん取り乱してしまったようだ・・・ 酒が効いてるのかなぁ orz
      とにかく今日は帰るわ。おやすみゆきぽ。」
ゆきぽ 「お、おやすみなさい。 これからも・・・・・・」
P    「ん?」

ついていきますから

ゆきぽ 「私のこと・・・よろしくお願いしますね。 ずっと、ついていきますから。。。」
P    「お、おうよ! じゃ、じゃあな ノシ」



と、そそくさと帰るPを横目に、今日のから揚げおいしかったから
また買ってくださいね、とおねだりする作戦は失敗に終わったと
少し残念そうなゆきっぽであった。



次回、動画解析編に続く・・・らしい。

コメント

1万おめでとう!

2008/05/26 (Mon) 06:21 | 無 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。