スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わりはしない 二人の 

2010, 12. 24 (Fri) 19:02

12月24日 ライブ会場外――。


P    「(・・・って勢いと流れで飛び出しちゃったけど、
      具体的にどうすればいいんだろうか・・・?
      実際のところ、この世界に飛ばされた原因もよくわかってないわけだし、
      元の世界に戻る方法なんてとても・・・ねぇ? orz

      戻れないならせめてこっちの雪歩に一言・・・・・・ん?
      こっちの雪歩?? そうか!こっちの世界にもいるなら、
      試してみる価値はあるんじゃないのか!?
      とりあえず事務所に行ってみ・・・って、あれっ?
      あの電飾の施されている木っていうかツリーの下にいるのは・・・!?)」

P    「雪・・・歩?」
雪歩  「ぐすっ・・・ だ、誰、ですかぁ・・・?」
P    「あ、、、えっと、オレはイケメンアイドルユニットのPなんだけど・・・
     えっとその・・・どうして泣いてるんだい?」
雪歩  「人を・・・待ってるんです・・・ぐすっ。」
P    「うーんと、、、待ち合わせの時間すぎてるのかな?
     女性を待たせるなんて最低の野郎だなぁおい・・・(笑)」
雪歩  「私、実は今日このライブに参加する予定のアイドルなんです・・・。」
P    「えっ? や、この会場はイケメンアイドル達のライブが・・・?」
雪歩  「正確には毎年クリスマスの日にライブをやる予定だったんです。
     でもその約束をした人が突然居なくなっちゃって・・・
     連絡も取れないんですぅ・・・ぐすっ。」
P    「ああ、そいつはホント最低の野郎だな。今すぐ探し出して引っ叩いてやr」

ガスッ

P    「げふっ!? 何でオレ!!?」
雪歩  「引っ叩くって言いました・・・ぐしぐし。」
P    「・・・ん、ああ・・・言ったな。悪ぃ野郎だこいつめこいつめッ!!」

ガスッガスッ

雪歩  「そそそ、そんなに自分を責めないでくださいぃ!
     い、いえ、もっとやってくださいぃ!!!」

ガスッゴスッ

P    「・・・えっと、その・・・・・・ごめん。まだ間に合うかな・・・?」
雪歩  「一応、去年の衣装とアクセは用意してありますぅ。」
P    「さっすがw ゆき・・・・・・」
雪歩  「・・・・・・。」


P    誕生日おめでとう雪歩。次の1年もよろしくな。
      じゃあ・・・行こうか、ゆきぽっ!
ゆきぽ 「あ、、、はいぃ!

また逢えるよね どんな世界に迷い込んだとしても



  誰より素敵な君に
    そう Never Ending Love ... ゆ き ぽ ☆

----
P    「あれっ?この衣装は・・・水着とマフラーと・・・何コレ??」
ゆきぽ 「そ、それはファン代表さんの趣味っていうかその・・・好みらしいので! 汗」
P    「あっ、ああ、ファン代表さんね! ならちかたないねー 汗汗」
ゆきぽ 「ちかたないですぅー(棒」

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。